こんな所にほくろが?除去治療の正しい知識を学ぼう!

2018年10月27日 at 4:29 AM by admin


ほくろの特徴と形成されるメカニズムの詳細

ほくろは皮膚上に形成される色素沈着の一種です。皮膚細胞にある色素が一か所に集まり、色が濃くなった状態を指します。ほくろの形成には年齢や性別は関係無いため、気が付くとほくろが出来上がっていることもあります。

ほくろの形成は様々な要因がありますが、中でも皮膚への慢性的な刺激が多数です。脱毛のように特定の部分への強い刺激が続く行為はほくろが出来やすい傾向があります。また、日焼けのしやすい環境に長く居る人も体中にほくろが形成されることが多いため、白く綺麗な肌を保つためには素肌を日光に晒すのは避けるのが賢明です。高齢者は加齢による細胞の老化が表皮の変色を引き起こすことがありますが、俗にシミと称される色素沈着とほくろの明確な区別はありません。

ほくろ除去の内容と健康面での注意点

ほくろは表皮の底に至るまで色素が集まっているので、場合によってはほくろの部分が固くなっていることがあります。また、毛細血管が集まっていることも多いので発毛しやすいのもほくろ特有の現象です。ほくろの多くは無害なので放置しても問題はありませんが、見栄えが悪いことを理由に切除手術を行うことがあります。美容外科など一部の医療機関では審美治療の一環としてほくろの切除手術を行っていますが、ほくろの形状によっては表皮に大きな穴が出来てしまう可能性があるので術後の審美治療を併せて行う必要が生じます。また、ほくろの切除跡から細菌が侵入して炎症などの不具合に見舞われることもあるので、術後の衛生管理には十分に気を配ることが大切です。

ほくろ除去は広く行われている施術ですが、場合によっては皮膚トラブルが生じるリスクもあります。そのためクリニックを選ぶ際は、アフターケアも実施しているクリニックを選ぶといいでしょう。

Calendar

2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031